城山三郎さんの『そうか、もう君はいないのか』を読んで、号泣しました。

本屋さんで、城山三郎さんの『そうか、もう君はいないのか』を立ち読みしたことがあります。立ち読みしていたくせに、途中で涙ぐんでしまい、1冊購入しました。購入した後、友人と会い、立ち読みして号泣した話をするとぜひ読んでみたいと言われ、そのまま本をプレゼントしてしまいました。今度こそ最後まで本を読もうと思い、本を購入した後は、どこへも立ち寄ることなく、帰宅し、本を読み始めました。この本は、城山三郎さんが亡き奥様・容子さんとの思い出を綴った本です。二人の愛の形が在りのままに描かれていました。通勤の際に読んでいたのですが、胸が詰まってきて号泣してしまいました。この本は、家で読まないと、なりふり構わず号泣して大変なことになると感じ、家でしっかり読みました。城山三郎さんの次女の方の文章も素晴らしく、また解説の児玉清さんの言葉も素敵で、声を出して泣いてしまいました。やっと読み切ることができたという嬉しさと、愛することの素晴らしさを教えてくれた1冊でした。キャッシング 金利安い 即日融資